O-リングテスト|かみ合わせの調整で原因不明の頭痛、肩こり、腰痛を治します

  • 044-953-3091

    【電話受付】10:00~13:00 / 15:00~21:00
    ※土曜は18:00まで。日祝休診。

O-リングテスト

O-リングテストとは

筋肉反射テストとは、ニューヨーク心臓病研究所所長 大村恵昭氏が創始したもので、「生体自らをセンサーとして、生体内の情報を指の筋力変化から検出する」診断方法です。なお、筋肉反射テストは、1993年2月にアメリカ特許庁において知的所有権が認められています。筋肉反射テストを利用することにより、身体に適合する物質、適合しない物質を見分けることができます。

O-リングテストで検査できること

  • 咬合口径
  • 原因歯→歯茎のところに触れる
  • 薬の適応および、量、薬のアレルギーチェック
  • 抜歯したほうがよいのかイメージング
  • スプリントが必要かどうか
  • 金属の適応性
  • 麻酔薬の量
  • 義歯の不快な部分、義歯の咬合口径から、大きさ、なれない場所、当っているところなどのチェック
  • かみ合わせと病気、たとえば、胃潰瘍が慢性的に口腔内から出ている。ガンなど。
  • 病気を治すサプリメントの量、構造療法だけでなく、化学療法が適応かどうかのチェック

O-リングテストの方法

1

患者さんに親指ともう一本の指で「O(オー)」の形を作ってもらいます。

2

Oを作った手の反対の手に検査物体を置くか、検査物体に触れててもらいます

3

作ったOの形を先生が指で開こうと力を加えます

4

検査物が適合している場合、Oの形はなかなか開きません

5

検査物が適合していない場合、Oの形が簡単に開いてしまいます

反応の感度も重要な情報です

O-リングテストでは反応の感度も重要な情報です。例えばOが簡単に開いてしまう場合、身体の許容量がない、もしくは少ししかないという事になります。逆にOが開きにくい場合、身体の許容量がそれなりにあるということですので、許容量を超えない範囲で使用できるという事になります。

O-リングテストの仕組みとO-リングテストの重要性

O-リングテストは病的部位を刺激すると脳血流が低下し、指の筋力が低下するという身体の信号をとる技術で、アメリカでは特許になっています。レントゲンやМRIではわからないこともわかります。また、その原因の解消法もわかります。

O-リングテスト自体は簡単な技術ですが、さまざまな症状と原因を解消するのは、訓練とテクニックと時間がかかります。2点間法という技術でその原因の源を消すことによって、症状が消えるという技術で歯の形であったり材質であったりします。たとえば、呼吸が浅く筋肉が硬くなると肩こりや冷え性の原因になります。疲れやすいなど、さまざまな症状の原因が歯の形に影響している場合があります。
O-リングテスト的には不定愁訴(原因不明の体の不調)の原因の80パーセントは歯にあるといわれています。指の筋力(指の筋力だけでなく体全体)が強くなると、脳血流がよくなり免疫力が向上し、かみ合わせや材質で脳血管疾患や免疫力を向上させ、病気になりにくい身体にすることが健康な生活に重要だと思います。

O-リングテストで花粉症の原因が分かります

「かみ合わせや口の中の歯の状態があらゆる病気の症状に影響している。」ことは筋肉反射テストによって分かります。全てが分かるわけではありませんが、口の中からマイナス反応が出ている場合、その病気のマイナス反応を消すことにより、今までの治療法では治りにくかった病気が治りやすくなる場合もあります。もし口の中からの反応のプライオリティ(優先順位)が上位だとすると、その反応を消さないと病気は治りにくくなります。

筋肉反射テストを使ってかみ合わせの調整をしていると、いろいろな病気の 80%~90%が口の中から影響を受けていることが分かります。軽い症状の場合だとかみ合わせの調整だけで改善する場合もあります。少なくとも、花粉症などは完治はせずとも、軽くなることがほとんどです。

口の中の金属の電磁波の影響の反応をかみ合わせの反応として消せば、もっと改善率は高まります。
尚、肩こり・腰痛のプライオリティはかみ合わせにあることが多いので、かみ合わせを調整しないと、一時的に改善しても、しばらくして別の箇所に移るか、再発すると思います。

お気軽にお問い合わせください

044-953-3091

【電話受付】10:00~13:00 / 15:00~21:00
▲土曜は18:00まで。日祝休診。